一般社団法人 兵庫県造園建設業協会

 2020年11月18日、豊岡市立ハチゴロウの戸島湿地で、3回目となるコウノトリ営巣用の
アカマツを寄贈しました。地元、城崎小学校6年生20人と当協会で植樹しました。
 本件は「美しい県土づくりの為の緑化事業」の一環で実施するものです。コウノトリは人工巣塔での
営巣が現在の豊岡の常ですが、昭和初期にはアカマツからの巣立ちがコウノトリの生態であり、
この時代の風景に戻す願いを込めて植樹されたものです。
 当日は児童が「コウノトリと人が元気に暮らせますように」と願いを込めて植樹しました。
10年後にアカマツにコウノトリが営巣していることを当協会でも願います。
 当協会では今後も県民の皆様に緑を親しんでいただけるよう事業を進めてまいります。

全景

願いを込めて

城崎小児童直筆の看板

願いを込めて

願いを込めて根元に土を