一般社団法人 兵庫県造園建設業協会

 令和2年10月1日、兵庫県立淡路景観園芸学校にて兵庫県淡路県民局と当協会、大建工業株式会社、
国土防災技術株式会社と兵庫県立淡路景観園芸学校の5者による「淡路産竹資源活用プロジェクトに関する
包括連携協定」の調印式が報道機関も多数取材に訪れる中、当協会橋本会長も参加し行われました。
 この連携協定は「あわじ環境未来島構想」の柱の一つである“暮らしの持続”の実現に向け、
淡路島に豊富に存在する竹資材を活用した新たな取り組みを進めるため調印したものです。
 特に放置林の拡大防止、美しい棚田景観の保全、草刈り等維持管理作業の省力化、
園芸療法とのタイアップによる新たな生活様式の提案等に共同で研究をスタートするものです。
 今後は5者の相互連携による新たな取り組みに当協会でも積極的に取り組んでまいります。