一般社団法人 兵庫県造園建設業協会

 この度の台風19号から21号で被災された皆様、謹んでお見舞いを申し上げますと共に
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

去る 令和元年10月25日(金)~26日(土)の2日間。
初日は台風20・21号の大雨で影響を受けましたが、オリンピックを契機に東京都が取組まれて
いる街路樹の整備状況の研修と 夏の参議院選挙で当選された 加田裕之先生の表敬訪問も
あわせて、視察研修会を行いました。

東京オリンピックのマラソンと競歩は本当に札幌に行ってしまうのでしょうか?
来年に迫った東京オリンピック・パラリンピック2020に向けて、東京都並びに日本造園建設業協会東京都支部が協力して、3年前から街路樹の緑陰を活用した暑さ対策に取り組み、樹形を大きく仕立て夏の強い日差しを遮ることで、大会期間中の選手や歩行者・観覧者の安全性や快適性を確保する計画を進めており、その終盤の状況を視察するのが目的でした。

研修風景

車内から視察

管理詳細確認

車内研修

 大変残念ながら、その視察研修時間帯、暴風雨に見舞われ、バス車中からの講和と視察と
なってしまいましたが、平成29年冬の剪定から毎年夏・冬に樹高と葉張りを揃え、コブ取りや
枝抜き等で、柔らかく仕立てられたスズカケノキやイチョウは、本当にきれいな街路樹に
管理されておりました。
 この計画を進めていく中で苦労されたこと、兵庫県でもよく似た課題や是非とも進めてみたい
計画書の作成や評価手法など、参考になることが数多くありました。

車内講和

街路樹 イチョウ

街路樹 スズカケノキ

 大変お忙しく、また当日は天候の悪い中、講習頂きました一社)日本造園建設業協会
東京都支部の皆様、本当にありがとうございました。

 また、参議院議員 加田裕之先生への表敬訪問。
当兵庫県造園建設業協会とは、加田先生が兵庫県議会議員花とみどり議員連盟の会長時代から、
兵庫県の花とみどり推進に関する仕組み等で大変お世話になっており、今回、東京と兵庫県を行き来する
大変お忙しい中、時間を頂けましたので、お邪魔致しました。

 先の天皇陛下 即位礼正殿の儀の際のお話やその他近況をお話し頂きました。
加田先生の今後の益々のご活躍を期待申し上げます。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。