一般社団法人 兵庫県造園建設業協会
hashimoto   当協会は兵庫県内で造園業を生業としております企業の団体です。
私たちは兵庫県の緑豊かな地域環境を形成するため、造園緑化技術の向上を図ると共に県民が緑化意識を更に高めるための事業を行い、県民の福祉の向上に少しでも役立てるよう活動を続けております。

一般的に造園業は社会的に余り知られていないところですが、植木屋ですといえば、ほとんどの人が理解をしていただけると思っております。 個人の庭造り、公共的な公園、緑地造り、マンション・商業ビル等の緑化、屋上緑化、壁面緑化それに伴う維持管理が主な仕事の内容だと思います。 造園という言葉を上原敬二氏の造園辞典で調べてみると意義として「人の生活上実用慰安その他生活行動を充足させるため自然材料をもって土地及び環境を整備造成する技術をいう」とありました。

造園は自然材料を使い“くつろぎ”の空間を造る業界だと思っておりますが、造園という言葉を広義に解釈すると、自然の材料を使うという点から園芸・農業・林業・自然保護・河川整備・養浜等非常に多くの業種と接点があります。

例えば農業でいえば、大豆と小麦でつくる醤油・酒米の日本酒・みかん等の果樹・野菜などは同じ植物を扱っている造園業界で扱い販売・輸出していくことが理に適っているではないでしょうか。私たちはこのように関連する業種迄目を広げて見ていません、と同時に繋がりを増やし知識を得なければ単に隣接異業種に終わってしまい新しい展開は広がらないと思います。視点を変えればこの行詰まった現状を少しは変えることができるし、このような造園業界で働きたいという若者が増えれば、本業の造園も発展していくことと思います。

失われつつある造園の伝統技術の継承を進め、広い意味での魅力ある造園業界を目指し、地域の方と共にコラボしながら安全で美しい兵庫のみどりを育てていくつもりです。

橋本署名