一般社団法人 兵庫県造園建設業協会

平成30年6月21日兵庫県民会館にて第43回通常総会が開催されました。
橋本会長から、最近では人材不足が問題となっているが若手職員の確保に向け就職説明会を検討したり
研修事業を充実させることにより会員の造園力を高め協力していかなければなりません。
また青森での桜の維持管理研修会、静岡での河津桜の研修会で得たことを明石公園や明石海峡公園を
はじめとした協会事業で実践していくので、力を合わせ取り組む事が重要であると所信表明がありました。

総会では議案について慎重審議の結果、出席者の総意をもって承認され滞りなく終了しました。
総会後兵庫県県土整備部まちづくり局都市政策課緑化政策班岡崎弘幸さまから
県民まちなみ緑化事業”について今年度の変更点などの説明をいただきました。

研修会においては、”共生の風景”と題し兵庫県立淡路景観園芸学校 校長 中瀬勲さまから
ランドスケープ・アーキテクツとしての体験談を交えた興味深い内容でご講演をいただきました。

会場を移し引き続き平成30年度兵庫みどりの集いを開催しました。
国交省近畿地方整備局 国営明石海峡公園事務所長をはじめ、兵庫県議会花とみどり議員連盟の
先生方、兵庫県県土整備部、兵庫県立淡路園芸学校、兵庫県園芸・公園協会など、
多くのご来賓の方々にご臨せき賜り、ご挨拶を頂きました。

当協会から兵庫県に、防災用品の目録を贈呈させて頂き、
乾杯に移り慶喜をつけて頂きました。

 

兵庫県花とみどりの議員連盟の先生方には、公務お忙しい中駆け付けて頂き、
副会長の藤田先生からご挨拶を、黒川先生から乾杯のご発声をいただき一層和やかな雰囲気で
懇親、情報交換ができましたこと、ここで改めて御礼申し上げます。

 

造園業界においても若手社員の確保、教育、技能の伝承も重要な課題です。造園業は人工知能(AI)が発達してもなくならない業種です。”風情”は人間のみが感じることができる感覚であり”風情”のある景色を作るのが我々造園業の仕事です。次世代へ技能の伝承はもとより”風情”という感覚を守っていかなくてはならないと思っています。
その為に造園技術の研鑽はもとより、地域社会へ貢献できる団体として、会員相互に協力し邁進してまいりますので
兵庫県造園建設業協会を今後ともよろしくお願い申し上げます。