一般社団法人 兵庫県造園建設業協会

新年明けましておめでとうございます。
県民の皆様、会員の皆様におかれましては新しい年を迎えられた事をお慶び申し上げます。

 

昨年は、国内外ともに非常に選挙が多く行われた年でした。
7月の県知事選挙にはじまり10月には国政選挙と地方自治体も多数あり、
各地で様々な国民の声が届いたのではないでしょうか。
世界各地では北朝鮮のミサイル問題や欧米諸国でのテロに関する報道ばかりの1年だった
様に思われます。自然災害等も各地で多数有り、10月の台風21号では県内でも多大な
被害が発生しました。街路樹や公園樹木、自然樹林などの倒木の被害状況を多数確認いた
しました。改めて我々の造園業である樹木の考え方を見直す部分が多数ありました。
今後も防災意識を考慮しながら緑と接していかなければなりません。
昨年は、協会として弘前公園のさくら樹勢回復研修会、赤穂海浜公園枝条架改修工事、明石公園
さくら樹勢回復工事など多数の事業・研修がありました。国営明石海峡公園管理業務や
県民まちなみ緑化事業を含め 様々な事業を行っております。この事業経験を我々が
しっかりと生かし将来の人材育成、業界発展、社会活動に貢献していかなければなりません。
造園業界は建設業の中でも大きな業界ではありませんが、唯一植物と自然を身近に感じられる
職種です。人工知能やロボットの時代が訪れていますが、造園業界にしかできない
仕事もまだまだ沢山あると思います。時代の変化に対応しつつ、人のやすらぎを
末永く暖かく作れるような業界でありたいと思います。

新年を迎え、平成30年節目の年です。 皆様のご健康、ご健勝を心より祈念申し上げます。

 

副会長  森田  睦