一般社団法人 兵庫県造園建設業協会
これからの都市公園研修会

 去る平成29年8月28日(月)、大阪歴史博物館 4階講堂にて 一般社団法人公園管理運営士
関西支部 主催による 「これからの都市公園」と題して 都市公園法並びに関係法の改正に関する
研修会が開催され、当協会の10数名が参加致しました。

 都市緑地法及び都市公園法の一部改正により、改正の社会的背景やその趣旨、ポイント
などを理解し、これからの都市公園のあり方を考える研修会ということで、当協会でも取組みのある、
国営明石海峡公園淡路地区や明石城公園、赤穂海浜公園などの管理、運営などもイメージ
しながら、耳を傾けて参りました。

 基調講演として、国土交通省都市局公園緑地・景観課 課長の 町田 誠 氏より
「都市公園を取り巻く社会的環境の変化に対応した公園のあり方」として全体像を整理した
お話を頂き、後半では実際に都市公園を管理・運営・計画・経営しているパネラーを交えて
また、当協会の顧問で公園管理士会の関西支部長でもある、石原憲一郎氏がコーディネーターを
努めたトークセッションにて、現状の問題点や運営に関わる経緯、今後の方向性などを聞くことが
できました。

 人口減少にて、税収も減少し、行政もスリム化しなければならない時代に入り、今までの
公園の使い方、管理方法などを 民間の知恵や力を活用しながら、人の輪、地域の輪、賑わい
経済的な潤いを求めて変わらなければならない仕組み。
 市県民、行政、公園運営に関わる民間業者などそれぞれが、WINーWINの関係になれるような
公園管理の手法が実現できるよう、当協会も努力して参りたいと思います。