一般社団法人 兵庫県造園建設業協会
研修会
 
 

 当協会が大変お世話になっている兵庫県園芸・公園協会。 その事務所は
 明石公園内にあります。
 明石公園といえば、桜に包まれた明石城を思い浮かべる方も多いかと思いますが、
 3年後には築城400年を迎え、さらに明石市の市政100周年とも重なり、大きな
 イベントが控えています。

 
 その明石公園、花緑中心にいろんなイベントでお手伝いさせて頂いておりますが、
 この公園の桜が、年々樹勢が弱くなってきているのではないかという課題が
 数年前から検討されていました。
 

 桜の寿命はおよそ60年だとか耳にしたことはないでしょうか?
 植えられて40年を越した頃から衰弱し始め、人の手を入れなければそうなって
 しまうのが一般的らしいのですが、では、全国にある桜の名所はどうしているのか?
 という事で、前置きが長くなりましたが、去る3月2日(木)・3日(金)の2日間、
 当協会技術委員会主催による桜の維持管理について、桜の名所百選でも
 知られる青森県は弘前市の弘前公園にて研修会を実施しました。

 「弘前公園の桜祭り」全国的にも有名で、その開花期はゴールデンウィーク頃。
 兵庫県とは約1ヶ月遅い時期ですが、研修にお邪魔した際に行なっていた作業が
 冬季剪定でした。

 
 

 「桜切るバカ、梅切らぬバカ」、桜は切り口から病気が入りやすいことから俗に
 こう言われるようになったようですが、兵庫でもあまり積極的には実施していません。

 この弘前公園には、2600本の桜の木があり、その65%がソメイヨシノ。
 そのソメイヨシノの日本最古といわれる樹が樹齢134年で、その他100年超えの
 ソメイヨシノが、400本以上もある、これはいったいどうしているのか?

 

 青森といえばリンゴの生産量日本一。 津軽近郊はどこを見てもリンゴ畑。
 弘前の桜の維持はこのリンゴ農家の栽培方法にありました。
 リンゴ農家は、実の収穫の際に樹が高くなってしまうと手間がかかって非効率。
 そこでリンゴの樹に高さを止め、横に枝を伸ばす。さらに剪定により新梢を
 増やすことで実付きの量が増えるなど、いろんな経験が現場で生かされていた
 とのことでした。

 
 

 弘前方式の桜の剪定は、このリンゴ栽培の技法を取り入れ、高さを抑えながら
 普通なら除去してしまうヒコバエなどを残し、絞込み、老枝と入替え更新することで
 長く、しかも花付の良い状態を維持することに成功しているとのことでした。

 
 

 写真でお分かりでしょうか? 花芽が7つも出ているこの状態。眼からうろこの
 技術でした。

 
 

 また、桜には冬の寒肥(開花前)と開花後のお礼肥えが必要であると
 強調されており、毎年続けることで開花量が維持できるもので、一旦、ストップして
 開花量が落ちてしまうと、元に戻すまでに2~3年は掛かってしまう、そういう
 大切な作業であることも、学ばせて頂きました。

 

 今回の研修は、座学、現場視察などその準備に弘前市公園緑地課チーム桜守の皆様に
 大変お世話になりました。 この頁をお借りして改めて御礼申し上げます。

 今回の研修結果から、明石公園の桜が再生できるかどうか、各御担当の
 皆様と協議しながら進めていきたいと思います。

 

 去る10月14日、15日の二日にわたり兵庫県造園建設業協会、神戸市造園協力会の2団体会員において視察・研修を行なった。
14日は、高知県立牧野植物園を視察した。植物を扱うものであれば”牧野植物大図鑑”をめくった経験があるのではないだろうか?造園業を営む私たちもお世話になった植物図鑑の代名詞となっている。
高知生まれの”日本の植物分類学の父”牧野富太郎博士の逝去の翌年、1958年に開園した。
正門を入ると土佐の豊かな自然が再現されており、樹木等の手入れも自然樹形を基本としており切口も見えにくいように剪定しているとの事であった。また草花等の地被植物においても“あるがまま“に配植されており高知の自然を感じる事ができた。また園内には牧野富太郎記念館本館、展示館があり、これらの建築も木のぬくもりを感じることができ自然との調和が取れていた。案内の職員の方が教えてくれたが某高級自動車メーカーのCM撮影の場所にも使われたとの事で、人をやさしく包み込む空間であるからこそ、
そのような活用もされたのではないかと感じた。
 
%e2%91%a0%e7%89%a7%e9%87%8e%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%9c%92-%e5%9c%9f%e4%bd%90%e3%81%ae%e6%a4%8d%e7%89%a9%e7%94%9f%e6%85%8b%e5%9c%92 %e2%91%a1%e7%89%a7%e9%87%8e%e6%a4%8d%e7%89%a9%e5%9c%92-%e8%a7%a3%e8%aa%ac%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%82%8b%e4%bc%9a%e5%93%a1
 牧野植物園-土佐の植物生態園 牧野植物園-解説を受ける会員

 翌日は牧野植物館の隣にある竹林寺を視察。こちらには夢窓国師により作庭されたと伝わっている観賞式の庭園があり、こちらは国の名勝指定をうけている。
庭園要素として石組、枯滝などの配置も良く、自然の巨岩をうまく活用しており高知の雰囲気漂う庭園であった。

その後香川県に移動し中津万象園を見学、こちらは海兵に築庭さたこともあり松が非常に多く、中には樹齢600年とも言われるような松もあり、維持管理の大変さは参加者も一目で分かったのではないだろうか。
 最近社寺等歴史ある庭園において樹木が大きくなってしまい石組や滝などが見難くなっている事が多く今回視察したこれたの庭園においてもその点が少し残念に思えた。

%e2%91%a2%e4%b8%ad%e6%b4%a5%e4%b8%87%e8%b1%a1%e5%9c%92%e5%ba%ad%e5%9c%92 %e2%91%a3%e4%b8%ad%e6%b4%a5%e4%b8%87%e8%b1%a1%e5%9c%92%e5%ba%ad%e5%9c%92-%e6%a8%b9%e9%bd%a2600%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%82%8c%e3%82%8b%e6%9d%be
 中津万象園庭園  中津万象園庭園-樹齢600と言われる松
 
 最後は国営讃岐まんのう公園をたずね公園担当者の方に園内を案内していただいた。
園内は入門ゲートをくぐるとその先に落差9mの昇竜の滝に圧倒された。力強い水の流れもさることながら、滝石組の迫力にも参加者は目を凝らしていた。
 
%e2%91%a4%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%86%e5%85%ac%e5%9c%92-%e8%90%bd%e5%b7%ae9m%e3%81%ae%e6%98%87%e7%ab%9c%e3%81%ae%e6%bb%9d %e2%91%a5%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%86%e5%85%ac%e5%9c%92-%e7%86%b1%e5%bf%83%e3%81%ab%e8%aa%ac%e6%98%8e%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e3%82%8b%e4%bc%9a%e5%93%a1
 まんのう公園-落差9mの昇竜の滝  まんのう公園-熱心に説明を受ける会員
 
  園路沿いの花壇や芝生広場は発注者と協議を重ね改善してきたとの事で、周辺の穏やかな讃岐の風土との調和を生み出していた。また11月19日より閉演時間を延長し55万級のLEDやスポット照明で昼間とは異なった景観を表現することによって冬の風物詩となり入場者数も上昇傾向が続いているとの事であった。
最後に新たな取り組みとして国営ひたち海浜公園でも知られるコキア(ホウキグサ)を植栽されており斜面の緑と赤のグラデーション色合いに来園者の方も多く集まっていた。
こちらの公園では随所に管理者の創意工夫がうかがえた。また苦労秘話なども直接うかがうことができ非常に有意義な視察となり締めくくることができた。
 
%e2%91%a6%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%86%e5%85%ac%e5%9c%92-%e3%82%b3%e3%82%ad%e3%82%a2%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89%e3%81%8c%e7%be%8e%e3%81%97%e3%81%84 %e2%91%a7%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f
 まんのう公園-コキアの紅葉が美しい  集合写真

 

 平成28年7月15日(金)~16日(土)の梅雨明け間近の2日間。 
 当協会の平成28年度受注事業である、兵庫県立赤穂海浜公園、海洋科学館「塩の国」の
流下式塩田枝条架装置改修工事にあたって、は・か・た・の・しお!でおなじみの伯方塩業㈱
大三島工場をメインに広島市の天然記念物であり、被爆桜でもあるエバヤマザクラ等の視察
研修を行ないました。

 戦後の復興のシンボルとして植えられたバラの街、福山に入り、尾道しまなみ海道を経て
一路、愛媛県今治市の伯方の塩大三島工場へ。

1.尾道しまなみ海道 (1024x576) 2.大三島・伯方の塩 (1024x576)
尾道しまなみ海道  大三島・伯方の塩
 現地の方から海水を濃縮してかん水(濃い塩水)に、さらに塩に精製するまでの、一連の仕組みを講習頂き、工場内見学。 竹の細い枝を傘状に束ねた櫓の上から海水を潜らすことにより、風で水分が蒸発することで、かん水の濃度をより濃くする仕組みとの事です。
3.工場内見学 (1024x576) 4.塩精製までの技術講習 (1024x576)
工場内見学 塩精製までの技術講習
 流下式枝条架塩田の仕組みを図示すると次のようになります。
160727
 工場内ではミニチュアモデルも展示されており全体の構成が確認されましたが、
実際に外へ出てみると、迫力の枝条架装置が稼動しており、赤穂海浜公園のものと
同じような仕組みが見られました。
5.流下式塩田ミニチュアモデル (1024x576) 6.実物の流下式塩田枝条架装置 (1024x576)
流下式塩田ミニチュアモデル 実物の流下式塩田枝条架装置 
 7.海水の濃縮に竹枝利用 (1024x576)  8.流下式塩田の仕組み考察 (1024x576)
海水の濃縮に竹枝利用  流下式塩田の仕組み考察

 竹枝は風化により5年くらいで交換が必要と説明がありましたが、とはいえ新しければ良いのではないらしく、材料の厳選や枝のとり方、固定方法等々、従来の工法を理解した中での改善が、必要とのことでした。
 この研修を基に、赤穂海浜公園の流下式枝条架装置改修に向け、会員が協力し、その手順、工法に意見を出し合い取り組んでいこうとの事、確認を致しました。

 ここからまたすこし長くなりますが、お付き合い下さい。

 今回の研修では、私たちが造園家・業ということもあり、又場所が広島ということで、研修コースに現地ならではの樹木の考察、見学も組入れておりました。
 まずは、伯方の塩大三島工場に程近い大山祗神社にそびえる「乎知命御手植の楠」(おちのみことおてうえのくすのき)。
 樹高が15m、幹周り11m、樹齢2600年を超えるとも言われる国の天然記念物で、
あちらこちらに樹皮が剥離している状態は見られましたが、写真のように枝葉の状態も良く、
この他にも境内には、りっぱな楠が管理されていました。

 9.天然記念物 大楠 (1024x576)  10.乎知命御手植の楠 (1024x576)
天然記念物 大楠  乎知命御手植の楠
 また、この広島は、先頃、米国オバマ大統領が、現職として始めて平和記念公園を訪れたとして話題となりましたが、原爆の爆風にさらされながらも、現在にまで生き継がれている樹木が
いくつかあります。
 その一つ目が、広島市中区にある「安田女子中学校・高等学校」の被爆桜です。
 生徒会長さんから、被爆桜を守る活動やこの種の継承のための取組みなどのお話を伺い、
桜の種別や特徴などの情報交換をさせて頂きました。
 安田女子高等学校の皆様、その節はありがとうございました。
11.安田学園の被爆桜 (1024x576) 13.被爆桜考察 (1024x576)
安田学園の被爆桜 被爆桜考察
  12.生徒会長さんからの説明 (1024x576)
生徒会長さんからの説明
 そして二つ目は広島市江波山気象館のエバヤマザクラです。
 爆心地からの距離が3.7kmに位置していたこの気象館では、爆風で吹き飛んだ窓ガラスの
破片が、壁に突き刺さった後が残るほどの状況だった地でも、このエバヤマザクラが移植などの手を入れながらも残されており、これらを見るたびに樹木の生命力とさらに、それを支える人々の想いに深い感心を覚えました。
 14.広島市江波山気象館 (480x270)  16.気象台屋上から爆心地を望む (1024x576)
広島市江波山気象館 気象台屋上から爆心地を望む

江波山やまざくら被爆桜考察

江波山やまざくら被爆桜考察
 2日目は日本三景の一つ、安芸の宮島、厳島神社へ。 広島に来てここを外す訳にはいきません。
17.安芸の宮島 厳島神社 (1024x576) 18.社殿 西回廊と五重塔 (1024x576)
安芸の宮島 厳島神社 社殿 西回廊と五重塔
 国宝であり、ユネスコの世界文化遺産でもあるこの社殿でも、目に付くのは樹木ばかり。
8本の株立ちの巨大な松や豊国神社前のソテツ、枝の長さが30m近くある黒松、「龍髭の松」。
今でも年10cmほど枝を伸ばしているそうです。
20.豊国神社前の大きなソテツ (1024x576) 21.樹齢200年以上の龍髭松 (1024x576)
豊国神社前の大きなソテツ 樹齢200年以上の龍髭松
 19.株立ちの大松 (1024x576) 
株立ちの大松
 そして最後は広島原爆ドーム。観光というよりは慰問です。
ガイドさんの説明にも力が入り、当時の悲惨な状況が見えるようなエピソードを知りました。
22.広島原爆ドーム慰問 (1024x576) 23.T字橋からの原爆ドーム (1024x576)
広島原爆ドーム慰問 T字橋からの原爆ドーム
 ここでも三つ目の被爆樹木としてアオギリを考察し、実生の被爆アオギリ二世を移植し、
大事に育てている現状を見てまいりました。
24.被爆アオギリの考察 (1024x576) 25.被爆アオギリ二世 (1024x576)
 被爆アオギリの考察  被爆アオギリ二世
 最後に、広島市平和記念館にて、オバマ大統領が訪問された際に折られた4羽の折鶴を
見せて頂き、時節柄も含め、あらためて平和の尊さを感じる研修会ともなりました。
26.オバマ大統領の広島訪問 (1024x576) 27.オバマ大統領が折った4羽の折鶴 (1024x576)
オバマ大統領の広島訪問 オバマ大統領が折った4羽の折鶴
 28.平和の記念碑を前に (1024x576) 
平和の記念碑を前に
 今回の研修は、当協会として今後の事業に関連した調査研究、県外の銘木を管理している状況、そして、直近の時事に関連した内容など、非常に有意義なものとなりました。
   
   

 

 去る5月20日(水)、当協会事業委員会主催による、27年度事業の一環とした
「淡路花博2015花みどりフェア」国営明石海峡公園視察研修会を実施しました。
明石海峡公園視察1 明石海峡公園視察2
 明石海峡公園視察  明石海峡公園視察
 会場となっている国営明石海峡公園では、当協会が「わの庭」と題して
花やみどりに集う「和(わ)」、庭に集う人々の「輪(わ)」、庭に集う人々の
コミュニケーションの「話(わ)」の3つのコンセプトで造られた庭や、阪神・淡路
大震災20年復興花壇として感謝の気持ちを表現した花壇などを施工しており、
これらの視察研修を行いました。
わの庭視察風景 わの庭 視察
 わの庭の視察風景 わの庭の視察
華の海視察風景 震災復興ありがとう花壇
 華の海視察風景 震災復興ありがとう花壇
 また、今回の花博は、淡路島全島での開催でもあり、兵庫県園芸・公園協会が
運営する、あわじ花さじきにも足を伸ばし公園管理の模様を見聞致しました。
あわじ花さじき1 あわじ花さじき2
 あわじ花さじき  あわじ花さじき
 花みどりフェアも会期後半。しかしながら各公園とも平日とはいえ多くの
人々が訪れ花のある景色を楽しんでいる、当事業の大切さを再確認致しました。

 

 去る4月10日(金)、当協会技術委員会主催による研修会が行われました。
研修会場は、丹波笹山の川代公園並びに川代峡谷。
3月の報告でも触れましたが、兵庫県園芸・公園協会から受注した同地区の
桜てんぐす病対策業務について、その罹患状況を調査し、防除等処置方法を
協議することを目的に、雨天の中、16名が参加致しました。

 

枝梢の一部が膨らみ小枝が多数叢生、「天狗の巣」状になり、放置していると
病状が多数広がり、花付きが少なく樹勢が衰え周辺の桜にも感染するてんぐす病。

桜てんぐす病 1 桜てんぐす病 3
 桜てんぐす病  桜てんぐす病
桜が開花したこの時期に、写真のように緑の葉をつけた部分が感染している
部分で、調査対象の渓谷5kmに渡り、あちこちに発生が見られました。
川代渓谷桜並木 桜てんぐす病説明1
 川代渓谷桜並木  桜てんぐす病説明

 

特効薬はまだ開発されておらず、冬季の切除と切り口部の殺菌が主な対処方で
最低でも3年続けなければ効果が無いと言われています。

桜てんぐす病説明2 桜てんぐす病説明4
  桜てんぐす病説明   桜てんぐす病説明

 

湿度の影響か、谷筋の川沿いの植栽に多く発生する傾向があり、県下では
有馬温泉周辺でもこの症状が見られることから、参加者も熱心に聞き入っていました。

 

その後は、昼食と庭園観賞を兼ねて篠山観光ホテル 料亭 如月庵へ。この如月庵の庭園は、昭和44年に篠山藩家老屋敷に重森三鈴氏の設計指導で
書院と共に作庭されたもので、各種石組を主に枯山水からなる趣ある庭園でありました。

如月庵露地 1 如月庵露地 2
 如月庵露地  如月庵露地

 

昼食の名物ぼたん鍋は最高で、雨天で冷えた身体を温めてくれ、さらには
昼食後の質疑応答にも熱が入りました。

如月庵露地 3 食事後も質疑応答
  如月庵露地  食事後も質疑応答

 

研修の最後は、篠山城跡大書院。
半世紀ぶりに復元した大書院の建築に関わるあれやこれやを見聞し
雨天だけが残念でしたが、有意義な研修の一日でありました。

笹山城大書院 見学1 笹山城大書院 見学2
篠山城大書院 見学  篠山城大書院 見学

 

 2月25日、神戸市内で当協会顧問である石原先生を講師に迎え「2015新春に思う」と題して、
会員会社の代表や社員等が27名参加して新春講演会が行われました。
講演会開催の挨拶をする橋本会長
 講演会開催の挨拶をする橋本会長

 

 当日は石原顧問から最近の造園界の情勢と行政の対応や県外企業の特殊な取り組みに
ついて紹介がなされ、「社会潮流や社会構造の流れをよく分析し、地球的視点も考えて他社と
異なる独自性を出してください」との激励が述べられ、参加者は会社経営に役立てたいと
熱心にメモをとっていた。
造園業界へ激励を述べる石原顧問
 造園業界へ激励を述べる石原顧問

 

 また、併せて淡路島で今年開催される「淡路花博2015花みどりフェアについて」
兵庫県庁公園緑地課参事佐伯氏を招き詳細について講演を受けました。
2015花みどりフェアについて説明する兵庫県庁佐伯参事
 2015花みどりフェアについて説明する兵庫県庁佐伯参事

 

【禅の庭】 京都庭園視察研修会  日時:平成26年5月16日(金) 8:30~17:00

140613京都庭園研修会レポ 平成26年度の技術研修の一環として、
当協会技術委員会主催による「禅の庭」の視察研修会(京都)を開催致しました。  
京都府公館府民ホールでは、枡野俊明氏による「禅の庭」を拝観し、庭は心の表現という、
氏の禅師としての庭園設計を 研修させて頂きました。

その後、平安神宮に立ち寄り、今が見頃の菖蒲や睡蓮池など、中神苑や東神苑を散策、
公園運営管理としての、 きめ細かで行き届いた管理を肌で感じて参りました。  

昼食は京都らしく、鴨川での川床で京料理を堪能し、つかの間の息抜き、最後は、
大徳寺(真珠庵)を研修して参りました。  

一休和尚ゆかりのお寺でもあり、内部は撮影禁止の為、写真ではお見せ出来ませんが、
江戸時代初期の枯山水庭園や、国宝級の襖絵、寺社建築を丁寧な解説をいただきながら、
拝観させて頂きました。  
予約拝観でしか入場できない、本物の重要文化財の数々にただただ感心する
ばかりでありました。

庭の景観を楽しむには、新緑のまぶしい見頃の時期に、庭に人を迎え入れる為の思いやり、
気配り、禅の心、庭の形 ばかりでないまさにおもてなしの心がこもった庭園の研修でありました。

005
兵庫県造園建設業協会 県造協・兵造協

 

韓国「釜山」&「順天湾国際庭園博覧会」2013/09/06~08
順天湾国際庭園

【視察日程】2013年09月

1日目 9月6日(金)関西国際空港~釜山市(プサン)~順天市(スンチョン)
2日目 9月7日(土)順天湾自然生態園~順天湾国際庭園博覧会
3日目 9月8日(日)順天市~釜山市~関西国際空港


【釜山広域市(부산광역시)】 釜山広域市(プサンこういきし)は、大韓民国南東部に
位置する広域市。対馬海峡に面し、古くから朝鮮半島と日本とを結ぶ交通の要衝
として栄えてきた港湾都市である。首都ソウルに次ぐ韓国第二の都市。

【釜山龍山公園】
 repo03

【順天市 スンチョン(순천시)】
順天市は、朝鮮半島南海岸地帯に位置し、東は全羅南道光陽市・求礼郡、西は和順郡、
宝城郡、北は谷城郡、南は麗水市と接する。 南は一部、順天湾及び光陽湾に面する。
順天湾は干潟が広がりナベヅル等の飛来地になっており、ラムサール条約にも加盟している。
面積 907.21 km²、人口 約27万人の都市。  

【順天湾自然生態公園】
年間300万人以上が訪れる世界5大沿岸湿地の1つ。全羅南道(チョルラナムド)の順天(スンチョン)
市南部に広がる順天湾は、2.3平方キロメートルの葦畑や、28平方キロメートルに及ぶ干潟(ケッポル)が
広がる自然の宝庫。冬になると越冬のため南に向かう渡り鳥の中継地となるほか、
1年を通じて約230種もの鳥が確認できるなど鳥類にとって国内最大の楽園となっており、
2003年には国内の湿地保護地域に登録、2006年にはラムサール条約に登録された。 repo02

【順天湾国際庭園博覧会】
会期:2013年4月20日~10月20日
主催/主管 順天市/(財)順天湾国際庭園博覧会組織委員会
場所/全羅南道 順天市 豊徳洞, 五泉洞 等 順天湾一帯(会場面積約1,112,000㎡)
参加国/23カ国, 83カ所の庭園(世界庭園 11ヵ所, 参与庭園 61ヵ所, テーマ庭園 11ヵ所)

repo01


視察レポート詳細を見る

 

【技術研修会報告・九州】
平成24年6月29日・30日の両日、当協会技術委員会では九州における公園の
維持管理状況を見学し、 今後の国営明石公園の維持管理の参考にするため、
視察を実施しました。  

1)海の中道海浜公園(目的:公園の特徴、植物管理状況) 広大な面積でありながら、
芝刈り、除草等の維持管理が行き届いており、アガパンサスをはじめ草花の配色など
修景に効果大となる部分が、 また、ハマゴウ・ハマユウなど海浜の自生植物をあえて
導入している部分など参考になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

2)慧州園 ケイシュエン(目的:「中根金作」作庭の池泉回遊式日本庭園)
既存の山を借景にした庭園作庭で、ツツジ類の大芝刈込寄せ植えや、
散策路の景色など「造園」としての設計・企画に非常に参考になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

3)吉野ケ里遺跡公園(目的:弥生時代後期集落遺跡 国指定特別史跡文化財) 弥生時代の
森を再現。森をとおして、さまざまな学習や、生活体験を楽しめるゾーンとして研修。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

4)松濤園(目的:池に無数の石を鏤め、250本のマツを配した国指定名勝庭園)
規模の大きな庭園、池のある庭園で素朴であるが、安らぎを感じる。
海に見立てられた池。その周りの約1500の石組み280本の老松。
歴史ある庭園の全景、微細部分までも参考になった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA