一般社団法人 兵庫県造園建設業協会
TOPICS
管理詳細説明

管理詳細説明

 去る10月26日(金)~27日(土)の2日間、青森は弘前公園で会員17名が参加し
第2回目となる桜の育成管理の研修会が執り行われました。

 桜の寿命は一般的に40年~60年と言われていますが、ここ弘前公園の桜は、
100年を超える管理ができているとのことで、前回、2017年3月、雪の残る中、
冬期剪定の作業を見学させて頂き、また土壌改良の重要性などを座学で学ばせて
頂きました。

 

前回ページはこちら>>

 

 その後、実際の明石公園の現場では、これらの技術を実践することにより、少しずつ
ではありますが、桜の樹勢回復が診られるようになってきましたが、今回はそれら
取り組みに対する意見交換や、雪の無い時期での土壌改良の効果検証を含めた内容で
維持管理作業の重要性をより一層理解する事ができました。

研修風景

研修風景

管理詳細確認

管理詳細確認

 すこしご紹介すると・・・・・
 弘前公園も明石公園同様、土壌の特徴として史跡内である為、地下80cm以上の
遺構面は犯してはならないとの制限があり、もし枯れても植替えが出来ない条件も
あって尚のこと桜を守ることが重要な課題となっていることや

土壌改良の特別な制限

土壌改良の特別な制限

不定根の活用の重要性

不定根の活用の重要性

 その為の施肥のやりかたも、場所、間隔に注意しながら行うことで、花付には影響して
くるが、実際に根回りのところを掘って見せて頂きましたが、発根するのは表面に近い
浅い土壌の部分で、花や葉の繁茂に影響はあっても長寿の為の施策ではないこと。

施肥後の発根状況確認

施肥後の発根状況確認

肥料のまわりにできた細根玉

肥料のまわりにできた細根玉

 さらに、樹自体を支える為には直根が重要で、腐朽した部分から出る不定根を活用
することで幹を太くし長寿に導く方法があるなど貴重なお話を聴くことが出来ました。

日本一古い桜の木

日本一古い桜の木

日本一太い桜の木

日本一太い桜の木

 写真は日本一幹の太い桜と 日本一古い桜の写真です。
 近くで見るとすごい迫力でした。

 明石公園も間もなく築城400年を迎えることもあり、より一層、景観の充実を図る
ため、桜の樹勢、維持管理が重要な業務となってきます。
 今回得た情報、技術をより活用しながら、これからも努力を続けたいと思います。

 

 最後に、今回お忙しい中ご指導頂きました弘前市都市環境部公園緑地課のH様に
心より感謝申し上げます。

 

 10月13日(土)、淡路景観園芸学校にて開学20周年記念式典が開催されました。
当協会からは役員が出席し同校の20年への敬意と今後の発展を共に祝いました。
 淡路景観園芸学校は「景観園芸」という新しい学問分野を掲げ、人と自然が共生する
安全かつ快適なまちづくりに寄与するため平成11年4月に開学し、20周年を迎えました。
 当協会は開学以来、講師派遣やプロジェクトへの協力など色々な形で運営に携わってまいりました。
また、卒業生は会員会社へ就職をしており、今後も多くの卒業生が会員会社に就職し活躍することを
期待しております。
 今後の兵庫県立淡路景観園芸学校の発展をお祈りいたします。

学長挨拶

日本造園学会会長

 

 10月10日(水)より、明石公園にて会員各社による高木の剪定、伐採作業を開始いたしました。
この作業は、「明石城築城400周年」に先立ち、繁茂している樹木を剪定、伐採し、櫓や石垣がさらに
美しく見えるように、明石公園の景観向上を図ることを目的としています。
来園者の方々の目に留まる美しい景観を目指し、責任をもって作業に取り組んでまいります。

剪定中の様子

 

 9月29日(土)、台風24号の影響により開催期間が短縮された最終日、雨模様ではありましたが、
毎年恒例となっております花苗の無料配布を実施しました。県庁の地域安全課と都市政策課の方達と
行政のPRも兼ね合同で実施しました。来園者の方々には今年も大変喜んでいただけました。
 特に今年は、明石城築城400周年のPRのため当協会で作成したマグネットクリップも併せて
配布しました。
 傘をさしながら、友人の出品作品を見に来た女性は「天候が悪いので明石に行こうか迷いましたが、
無料で花苗とグッズをもらえて良かった。お花を大切に育てます。来年は作品を展示してみたい」と
嬉しいお声を聞く事ができました。
 当協会では今後も機会を捉え県民の皆様の緑化意識の向上に努めてまいります。

 

 ひょうごまちなみガーデンショーin明石が9月22日から30日まで開催されております。
当協会は展示ブースに兵庫県下各地の庭の写真をパネル展示しております。また、モデル庭園の展示と
29日には花苗の無料配布、ショベルカー試乗体験も予定しております。
 是非、明石駅前の明石公園にお越し下さい!

 

 

 

9月20日、県庁にて自民党県議団との政策要望に係る意見交換会へ当協会から正副会長が参加し、
造園業界の現況と今後の要望を10人を超える県会の先生方に述る意見交換会が行われました。
特に昨今の自然災害の多発から、災害の備えとしての既存緑地の再整備と県民まちなみ緑化事業の継続、
県内造園企業への発注、県内教育機関卒業生の県内企業就職への県当局の応援等を要望しました。
今回の意見を県政策に反映されることを多いに期待し意見交換会は終了しました。

 

 当協会では兵庫県の要請を受けて、県内で鳥インフルエンザが発生した際に消毒ポイントでの消毒作業を担当する
協定を締結しております。
平成30年度の防疫訓練が9月14日、姫路市で行われたのに伴い、3社の協会員を派遣し、危険性が上がる渡り鳥の季節
に向け、対応方法を訓練しました。普段は着ることのない防護服の解説を聞くと、今年も着ることなくシーズンが終わること
を期待したくなる訓練となりました。非常時には協会をあげて消毒作業にしっかりと取り組みたいとおもいます。

 

平成30年6月21日兵庫県民会館にて第43回通常総会が開催されました。
橋本会長から、最近では人材不足が問題となっているが若手職員の確保に向け就職説明会を検討したり
研修事業を充実させることにより会員の造園力を高め協力していかなければなりません。
また青森での桜の維持管理研修会、静岡での河津桜の研修会で得たことを明石公園や明石海峡公園を
はじめとした協会事業で実践していくので、力を合わせ取り組む事が重要であると所信表明がありました。

総会では議案について慎重審議の結果、出席者の総意をもって承認され滞りなく終了しました。
総会後兵庫県県土整備部まちづくり局都市政策課緑化政策班岡崎弘幸さまから
県民まちなみ緑化事業”について今年度の変更点などの説明をいただきました。

研修会においては、”共生の風景”と題し兵庫県立淡路景観園芸学校 校長 中瀬勲さまから
ランドスケープ・アーキテクツとしての体験談を交えた興味深い内容でご講演をいただきました。

会場を移し引き続き平成30年度兵庫みどりの集いを開催しました。
国交省近畿地方整備局 国営明石海峡公園事務所長をはじめ、兵庫県議会花とみどり議員連盟の
先生方、兵庫県県土整備部、兵庫県立淡路園芸学校、兵庫県園芸・公園協会など、
多くのご来賓の方々にご臨せき賜り、ご挨拶を頂きました。

当協会から兵庫県に、防災用品の目録を贈呈させて頂き、
乾杯に移り慶喜をつけて頂きました。

 

兵庫県花とみどりの議員連盟の先生方には、公務お忙しい中駆け付けて頂き、
副会長の藤田先生からご挨拶を、黒川先生から乾杯のご発声をいただき一層和やかな雰囲気で
懇親、情報交換ができましたこと、ここで改めて御礼申し上げます。

 

造園業界においても若手社員の確保、教育、技能の伝承も重要な課題です。造園業は人工知能(AI)が発達してもなくならない業種です。”風情”は人間のみが感じることができる感覚であり”風情”のある景色を作るのが我々造園業の仕事です。次世代へ技能の伝承はもとより”風情”という感覚を守っていかなくてはならないと思っています。
その為に造園技術の研鑽はもとより、地域社会へ貢献できる団体として、会員相互に協力し邁進してまいりますので
兵庫県造園建設業協会を今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 6月7日(木)、兵庫県庁建設業室より依頼を受け、県立相生産業高校へ建設業魅力アップ説明会と題して
造園建設業の魅力について説明を行いました。当協会からは田中副会長と金岡理事が講師となり90名の定時制生徒に
説明を行いました。
 当日は造園の歴史や資格制度、造園業に就職して欲しい人材はどんな人か?など説明すると共に写真や動画で造園の
仕事内容について熱く説明しました。最後には多くの質問が出され活発な説明となりました。この生徒さんの中から将来
造園の道に進まれる人材がおられる事を強く望みます。
 当協会では今後も兵庫県に協力し、建設業魅力説明会に積極的に参加してまいります。

 

 新年度がスタートした4月7日、当協会が県園芸・公園協会とJVで運営している国営明石海峡公園(淡路島)へ
役員がパトロールに入り植物の管理状況の確認や利用者の安全状況の確認を行いました。
当日はチューリップが満開の時期とも重なり多くの来園者が訪れる中、7人の役員が3時間にわたり園内を歩き、
公園担当者に改善点や推奨事項を指摘しました。今後も当協会では県民に喜んでいただける公園を目指してまいります。
 なお、4月は公園内の花が一番美しく咲く季節となります。
 是非、花との出会いに淡路国営明石海峡公園へ足をお運び下さい!

見ごろをむかえる園内のチューリップ