一般社団法人 兵庫県造園建設業協会
重大家畜伝染病対策
 

9月25日、姫路市で開催された平成27年度兵庫県高病原性鳥インフルエンザ防疫研修会に 当協会から3名の役員が参加し、鳥インフルエンザが発生した時の対応方法や他県での 対応事例を学んだ。当協会が受け持つ車両等への消毒作業等も鳥インフルエンザ封じ込めには 大切な作業であることを再認識し研修が終了した。(当協会と兵庫県は高病原性鳥インフルエンザ 防疫についての災害協定を締結している。)

 当協会では秋から渡り鳥シーズンを迎え、韓国での発生報道にも触れ出動が無い事を 祈りつつ、出動要請があった時には直ちに動けるよう準備を進めて参ります。

2015tori
 岡山県の事例に聴き入る参加者

 

兵庫県と当協会が協定を締結している「重大家畜伝染病発生時における防疫対策協定」
に基づき、9月30日、東播磨県民局管内で訓練が行われ、当協会からも正副会長が参加し
非常時の対応について卓上訓練が行われた。
当協会でも会議等を通じ、伝達研修等を行い非常時対応の訓練を実施してまいります。

 

141001-4

 

当協会は、平成22年度より兵庫県と重大家畜伝染病(鳥インフルエンザ・口蹄疫)発生時における防疫対策業務に関する協定を結んでおります。

防疫対策業務とは、重大家畜伝染病が発生した場合、消毒ポイントに出動し動力噴霧器を用いて、通行車両等の消毒作業をする事です。

重大家畜伝染病の発生時に迅速かつ的確な行動がとれるよう、マニュアルに基づく机上演習や防護服を着て消毒作業の実地演習にも参加しております。

DSCF1279 p02 p01
協定書