一般社団法人 兵庫県造園建設業協会
国営明石海峡公園
冬の様子1 冬の様子2(作業風景)
冬の国営明石海峡公園(淡路地区)では春に向けての準備が始まっています。
「春」のチューリップの見頃は4月ですが、花壇の準備は冬の11月から始まっています。花壇にはたくさんの球根が並べられ、一つ一つを手作業で植え付けています。
球根植栽の様子1 Exif_JPEG_PICTURE
H27年はチューリップやムスカリ等、約240品種40万球の球根が植え付けられ、春の4月には様々な色や形の花々が見頃となります。
春のチューリップ1 春のチューリップ2
春に向けてのチューリップを球根から育てていくため、どうしても花が少なくなってしまう冬ですが、公園内では様々な冬の草花を植栽し、来園者の方々にお楽しみいただいています。
陽だまりの丘ハボタン 花の丘道クリスマスローズ
公園の中心部にある陽だまりの丘の花畑では、冬らしいハボタンとピンクや紫、赤などカラフルなストックを植栽しています(12月上旬時点ではストックは未開花)。
お客様に楽しんで見ていただける様に、花壇全体に一つの草花を植栽するのではなく、ストックの中に大きなハボタンを円形に並べて変化をつけ、草花の周囲には公園内で収集した黄色のイチョウと茶色のモミジバフウの2色の落ち葉を、模様を描く様に敷き詰めるなど、植栽内容や装飾にも工夫して花修景を行っています。
また、冬の宿根草としてクリスマス頃から春の4月までの長い期間観賞できる、クリスマスローズが開花を始めています。一重のバラのような花が人気の草花で、12月から開花する白花の綺麗な原種「ニゲル」や、クリーム色や緑色の交雑種、3月頃から見頃となる赤・桃・黄色などのカラフルなレンテンローズなど約90品種1,000株が順次開花します。
移ろいの庭寒咲きナノハナ1 移ろいの庭寒咲きナノハナ2
1月には冬にお花見ができる寒咲きナノハナも育成中です。1月中旬頃には花のつみとり体験が実施される予定です。是非、ご来園下さい。

 

 淡路花博2015花みどりフェアに(公財)兵庫県園芸・公園協会が出展している「花・ひょうごガーデンショー」
のデモンストレーションガーデンは、会期中に「庭づくり体験」を開催し、参加者の皆様と一緒に
日本の文化と技術を楽しみながら作る庭です。

熟練の造園職人が、日本庭園の伝統と魅力を磨かれた技術をもって表現する「竹の庭」と築山と敷石が
印象的な「石畳の庭」で構成されています。

平成27年4月12日(日)には、当協会会員の指導により、竹垣コースと敷石コースで事前申し込みされた
20名の参加者と共に2つの庭を完成させました。当日は天候にも恵まれ、国営明石海峡公園の多くの
来園者が見守る中、庭づくり体験の参加者は、予定の時間を超えて春の爽やかな汗を流しながら
本格的な庭づくりを楽しんでいました。 

2704

 

淡路花博2015花みどりフェアに向けて、「わの庭」を施工しております。

「わ(輪)」・・・花・みどりやそれに関わる県民市民の輪
「わ(和)」・・・庭や伝統文化の和
「わ(話)」・・・ガーデンに集う人々のコミュニケーションの中で生まれる話

さまざまな「わ」を通じて、淡路島の花・みどり・人・伝統文化の魅力・造園・園芸に関する技を広く発信します。

石畳の庭整地 石畳の庭 石貼り作業
 石畳の庭 整地  石畳の庭 庭石貼り作業
竹の庭 板石貼 竹の庭 金閣寺垣の施工
 竹の庭 板石貼  竹の庭 金閣寺垣の施工
華の海 花台設置 華の海 花台ジャカゴ基礎①
 華の海 花台設置  華の海 花台ジャカゴ基礎①
華の海 花台ジャカゴ基礎②
 華の海 花台ジャカゴ基礎②

 

当協会は、3月21日より開催されます淡路花博2015花みどりフェアのひょうごガーデンショーにて庭づくり体験を実施致します。
一般の方達と築山、石組み、敷石、竹垣、植栽等の伝統的な技法を解説し施工します。

2702akashi

 

今春、3-4月にかけて、明石公園内 本丸、東野丸エリアのサクラの樹勢回復作業を
明石園芸・公園協会への『寄付作業』として申し入れ、実施を致しました。
外観・根系調査に始まり、枯枝下がりや新枝の生長緩慢の対処として、土壌改良を実施致しました。

詳しくは、報告書をご覧ください。


140619明石公園サクラ樹勢回復レポ-ト


 


 

2B 4B サ1土壌改良 サ4土壌改良

 


現在のところ、やや改善の傾向も見られ順調に推移をしており、来春の開花が楽しみです。

 

スタンプ配布にたちよる子供たち チューリツプ賀咲き始めて園内 園内でスタンプを押して一休み 園内周り集めたスタンプを確認賞品を受ける参加者

春の国営明石海峡公園で今年も親子グリーンスタンプラリーを開催

 

桜やチューリップの花が咲き誇る4月6日、国営明石海峡公園で昨年から当協会が主催し実施している「親子グリーンスタンプラリー」を今年も開催しました。

 

当日は、時より少雨があるなど悪天候の中ではありましたが、多くの来園者に参加頂きスタンプラリーをしながら春の公園内を楽しんで頂きました。神戸から参加の親子連れからは「スタンプを目標に園内を周り、淡路名物までいただき楽しい一日が過ごせました。ぜひ公園にまた遊びにきます」というお声を頂きました。

 

当協会は今後も楽しい公園のため、公園協会さんと共に努力致します。

グリーンスタンプラリー2014確認用表

グリーンスタンプラリー2014確認用裏

 

国営明石海峡公園内に生育しているポプラ約110本の一部に腐朽空洞があり、樹幹内部の診断及び根部調査をおこなった。

Exif_JPEG_PICTURE
地際部位調査状況
 Exif_JPEG_PICTURE
支持根の調査状況
地際状況  ポプラ27内部診断状況

 

a02 画像 015 画像 019

春の国営明石海峡公園でスタンプラリーを開催

 

国営明石海峡公園の管理業務を受託して、4年目に入って直ぐの4月14日、当協会では日頃から公園を利用していただいている国民の皆様に楽しい企画を提供しようと、園内を散策し当協会推薦の景観のポイントでスタンプを集め、淡路島名物のタマネギの商品をゲットし、淡路の楽しい思い出と共に自宅にもちかえっていただこうとスタンブラリーを開催しました。

 

当日は天候に恵まれ春のカーニバル期間中で多くのチューリップが咲き誇る園内には春を楽しむ利用者が多く訪れ、花をたんのうしていました。その中で当協会企画のスタンプラリーも2百人分のスタンプ用紙を準備していましたが午前中で全て配布が完了するほど多くの方々に参加していただきました。神戸から来た家族連れは「何度か公園には来ていますが、スタンプと言う目標で園内を歩くことで、いままでゆっくり楽しまなかった景色を見ることができ良かった。タマネギスープ、家族でいただきます」とのコメントが寄せられました。

 

当協会では今後も国営公園の運営に積極的に関わって行きます。

 

CA3I0146 CA3I0151 DCF00055